南区支部が地元タウンニュースに

(株)タウンニュース社発行の「タウンニュース南区版1月26日号」に当支部が掲載されました

1月19日13時より、南区役所7階無線室にて資機材の確認と電波伝搬試験を行いました。
当日の出席局 JN1DNV,JI1MKA,JR1NBJ,JG1IEA,JL1KMW,JI1URP,JI1WWFの7局
当日の試験風景をタウンニュース誌が取材。
掲載内容は以下のリンクからどうぞ。

南区支部が通信確認、昨年から20年ぶりに活動

南区支部が地元タウンニュースに」への1件のフィードバック

  1. 電波伝播試験に参加しての感想

    私達、JR1YWH 横浜市アマチャア無線非常通信協力会南区支部が昨年6月再出発して、沢山の行事に参加し、その目覚ましい活動ぶりは高く評価されております。

    今回の電波伝播試験は、「地元タウンニュース」に掲載されるまでになりました。

    取材記者に、DNW山岸さんMKA福井さんか、私達の生い立ち、活動ぶりを事細かく話なされておりました。

    WWF福井さんIEA岸田NBJ岸田さんURP宇野沢さんの無線裁きは日ごろのなせる技でした。

    私はこの日、これからの私達の強い絆あることを、感じました。

    役員皆さんの弛まない日頃の努力の結晶が、今日の電波伝播試験に顕れておるからです。

    南区役所の私達に対する対応にも、よく顕れております。
    危機管理、機密漏洩防止等のうえから、施設利用には厳格な規制がとられます。
    しかし、信頼から許されることもあります。

    福井さん。山岸さんに接する役所の担当者の対応から、信頼の高さを知ることができました。

    私、予定の行事もありますので中座しましが、大変参考になる今日の行事でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください